c3fc7734-s


1: 風吹けば名無し 2018/02/12(月) 17:15:35.96 ID:mohpSBn4a
「松坂世代を終わらせない」盟友・G後藤の誓い 今年こそプロ初対決を
2/12(月) 10:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00000095-spnannex-base
DeNAのG後藤
 DeNAの2軍キャンプ(沖縄・嘉手納)でハッスルしているベテランがいる。今季で16年目のシーズンを迎える「ゴメス」ことG後藤だ。横浜高の同級生で、中日入りした松坂の存在がモチベーションになっている。

 「あいつ、頑張っているみたいですね。昨年よりは全然良さそうだし、表情もすごく良いですもんね」

 嘉手納から南に約10キロの北谷町で実施されている中日の1軍キャンプは「松坂フィーバー」に湧いている。後藤も、新聞やテレビのスポーツニュースで盟友に関する報道をチェックしている。

 「まだまだ“松坂世代”を終わらせない。僕らの世代のトップが松坂大輔。そこを目標にしてやってきた」

 誰よりも近くでスーパースターと同じ時間を過ごした。横浜高を卒業後、法大を経て西武でも再びチームメートになった。対戦経験は高3夏のシート打撃での1打席のみ。結果は3球三振だった。あれから20年間、いつかプロの舞台で対決することを夢見てきた。お互い今年で38歳になるが、やっと夢が実現するかもしれない。

 ラミレス監督が2軍キャンプの視察に訪れた9日。午前の練習を終えると、ランチタイムにG後藤は「特打」をこなすなど、精力的にバットを振り続けた。投内連携では、若手に負けじと大きな声を出していた。「実戦は(2月)後半ですね。俺、今年はやりますよ!」。チーム内の人望も厚いベテランは、屈託のない笑顔でこう宣言した。

 かつては球界を席巻した「松坂世代」だが、現役でプレーしているのはG後藤やソフトバンク・和田、巨人・杉内、オリックス・小谷野ら数えるほどしかいない。記者も同じ1980年生まれ。同世代として、彼らがもう一花咲かせてくれると信じている。(記者コラム 重光晋太郎)

2: 風吹けば名無し 2018/02/12(月) 17:15:59.62 ID:iQ68E3Via
名前で遊んでる奴が言っても説得力ない

4: 風吹けば名無し 2018/02/12(月) 17:17:23.50 ID:uICvXdqfr
>>2
松坂はロクに試合にも出ずに遊んでたから…

8: 風吹けば名無し 2018/02/12(月) 17:18:13.22 ID:mohpSBn4a
>>2
名前で遊んでなくても成績的に説得力は無いからセーフ

3: 風吹けば名無し 2018/02/12(月) 17:16:59.26 ID:wAgxaf6j0
ゴメスがんばえー

5: 風吹けば名無し 2018/02/12(月) 17:17:31.30 ID:8ea7jNmr0
安倍政治を許さないみたいな言い方

6: 風吹けば名無し 2018/02/12(月) 17:17:45.37 ID:J6KOPf9C0
こいつが松坂世代だって知ってる奴全然おらんやろ

7: 風吹けば名無し 2018/02/12(月) 17:18:06.25 ID:KMCY+rKK0
こいつが言うのかよ